熱意とか向上心とか、あたしから取ってしまったら きっと何も残らない。
夏休みからただいま!
2014-08-21 Thu 21:58
こんばんは!けろ子です(^^)
14日〜20日まで、夏休み満喫しました★☆
14日に兵庫の実家に帰り、15日に富山へ祖母の様子を見に&お墓参りに。
16日の夜に東京に帰ってきて、
17日〜19日は山中湖付近までドラムの夏合宿に行っていました!

というわけで、今回は
ドラムの夏合宿のことについて書きます。
夏合宿は
ドラム科の生徒60名、ベース科の生徒20名、
先生方20名くらいの計100名で行きましたとさ。
下は中学1年生、上はシニアの方々まで
幅広い年齢の方々が参加されていました。

レベル別にグループ編成されていて
ドラム科は10名ずつ、上位からA〜Fという6グループありました。
ちなみに、けろ子は中の下のレベルです(^^;)
けろ子の所属するグループは、男性4名、女性5名で
10代1名、20代2名、30代3名、40代2名、
年齢不詳1名といった具合でした。

昼食は山中湖周辺でほうとうを食し
14時くらいに合宿所に到着しました。
合宿所は、24時間ドラムが叩ける環境でした!

午後からの講義は15:20から始まって
そこでグループの課題曲が発表されました。
課題曲について、譜面の左半分のレクチャーを受け
16:40からベースやギターの先生と一緒に練習してみましょうということで
アンサンブルのレッスンへ。
楽譜どおりに叩くことができなくて
あわあわしながら終了しました。(笑)
夕食後にも、講義はあって
リズムキープの講義を受けました。
「裏拍をとれば、リズムは安定する」という先生の教えのもと
課題曲を練習しました。
確かに、裏拍を意識すると、音の長さが安定するので
クリック音を聴いて、常に拍をとる練習は必要不可欠だと感じました。

リズムキープの講義のあと、21:30からは、選択授業で
けろ子はカホン講座へいきました。
カホン、一度、叩いてみたかったんですよね。
そこで基本的な叩き方を教わりました。
22:30からは、講師演奏ということで
先生方の演奏会がありました。
23時にすべての内容が終了したんだけど
課題曲がなかなか覚えることができなかったので
少しばかり練習しました、、といっても、体力がほとんど残っておらず
日付が変わる頃には終了し、部屋に帰ってシャワーを浴びて寝ました。

夜、練習があまりできなかったかわりに、朝にやろうと思い、
5時に起床し、部屋で寝ている2人を起こさないように支度して
6時からスタジオで朝練していました。

IMG_0751.jpg
山中湖周辺はとても涼しくて過ごしやすかったよ☆

朝、練習している人はまばらで
たくさん練習することができました。
8:00から朝食をとり、9:40からフィルインの講座だったんだけど
朝食後、少し時間があったので、またまた課題曲の練習をしていました。
レクチャーをうけたところの復習も大切だけど、
予習も大切なので、まだレクチャーを受けていない
譜面の右半分部分の練習しました。
グループの子とも仲良くなって、一緒に練習していました。

フィルインの講座で、課題曲の全体の4分の3までレクチャーをうけ
その次の、ギターやベースと合わせるアンサンブルの講座で、
最後まで譜面を追うことができました。
13時の昼食まで時間があったので、自主錬をして、
昼食後はドラムに必要なストレッチの講座を受けました。
次に15:20からはフォーム・ストローク講座を受けました。
先生達も工夫を凝らした講座を用意してくださっていて
こちらが退屈しないように、体を使って、リズムを刻んで
楽しく講義してくださいました。
フォームストローク講座のあとは、再びアンサンブルの講座で
最初から最後まで通して、ギターやベースの先生達と演奏しました。
けろ子は間違うと、あわててしまって手が止まり、
すぐ「しまった!!」という表情をしてしまうので
そこを注意されました(笑)

観客は楽譜を持って、こちらの演奏の採点をしているわけではないから
「間違えた!!しまった!!」という表情をしなければ
間違えたことは、ばれない。
ドラムが止まってしまうと、ギターやベースも、リズムがあわず、止まってしまう。
ドラムは演奏の大黒柱なのです。
ドラムが間違っても、すぐにリズムを立て直せば、ギターやベースも演奏が止まらない。
そいうことを、このアンサンブルの講座で身を以て体感しました。

アンサンブルの講座のあとは、少し夕食まで時間があったので
自主錬をしてました。

夕食はBBQでした。たくさん食べましたー! ヽ(*´∀`)/
しかしアルコールはありませんよ。
酔っぱらいながら講座はうけれないし、
けろ子は酔っぱらった状態でドラムは叩けません。
それに、この合宿には未成年の子達もたくさんきていますしね。

夕食後20時から、またまたリズムキープの講座。
裏拍意識しながら課題曲最後まで練習しました。
だいぶ疲れていたので、集中力を持続させるのが辛かったです。(^^;)
21:30からは、選択講座だったんだけど
この日はリズムリーディングの講座を選択しました。
(その他に、1日目に引き続き
ツインペダル講座やドラムセッティング・チューニング講座などもありました)
22:30にすべての講座内容が終了したので
それからまた自主錬に行きました。
疲れてたので、30分だけ練習して、部屋にもどってシャワー浴びて
一緒の部屋の子と話をしつつ、1時前くらいに寝ました。

19日も、朝練をすべく5時に起床。
すると、一緒の部屋の子も起きており、一緒に朝練することにしました。
1時間くらい練習して、朝食をとり、
9:30から、課題曲の成果発表会がありました。
AやBという上級グループの子達といっしょに発表会をしたんだけど、
けろ子は2番手でした。
プロの先生達がサポート演奏してくださるので
とっても楽しく気持ちよく演奏することができました。
いろいろミスはあったけど、個人的には出し切れたかなと思っています。
自分が叩いている様子を録画してもらったので
見返して、反省して、これからもっともっとうまくなるために練習して行きたいと思います。

けろ子達のグループのあとに、上級グループのBやAグループの演奏があったんだけど
やっぱり、ドラムって叩く人によって音が違うんですよね。
「あ、この人みたいに叩きたいな」と思うこともあって
上手い人の演奏を聴くのは、とても刺激になりました。
もうね、Bグループの課題曲はロック調で変拍子もあって
ほんとうにかっこ良かったの。

そして、Aグループの人の譜面を見せてもらったんだけど
楽譜が書いてあるところって、ほんとうに限られていたのね。
空欄が多かったんだけど、そこは
「自分で考えてアレンジして演奏しなさい」ということらしいの。

Aグループのトリを飾った高校生の演奏は
オリジナリティに溢れていて、見る人を楽しませていて
聴衆を魅了しっぱなしでした。
いやー、言葉で表すのが難しいんだけど
枠にとらわれない演奏というか。
それでいて怒濤の展開というか。
かっこよかったな。

というわけで、大充実したドラム夏合宿でした!
わたしももっと上達したいと思ったので
これからも地道に頑張りまーす♪

では、長文失礼しました☆
別窓 | 趣味 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<日本の何パーセントが山だったっけ。 | Everything's gonna be fine! | 忙しい夏休み>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| Everything's gonna be fine! |