熱意とか向上心とか、あたしから取ってしまったら きっと何も残らない。
秋の夜長の読書
2013-09-28 Sat 21:00
(ちょっと編集しました)
美容院に行ってきた
やっぱりあそこは安心して髪型を任せれるお店だと確信しました。
最終的に、予想を上回る仕上がりにしていただいて
ウキウキして帰ってきました。
スタイリストさん&アシスタントさんとの会話も楽しかったです♪

どうもこんばんは、けろ子です。

伊坂幸太郎さんの本を読んでいます。
伊坂さんの作品は、面白いし、文章がスッと頭の中に入ってくるから
とても読みやすいです。

情報がありふれた社会において、
その情報が操作されている面があるということ
けろ子が普段から危険だと思っていることも含まれており
スリルあふれる作品です。
深夜2:00くらいまで読んでました。(笑)
現在の社会において、ぐさぐさと突き刺さるところがたくさんあるのではないでしょうか。


 わからないことがあれば、まず私たちは「検索」する
 私たちは「検索」するたびに、
 情報を相手に提供している。
 提供された情報をもとに、相手は
 こちらが何に関心を示しているのか把握し、
 それに対する情報、サービスを用意する
 相手は、利益、を得ようとするからだ。

 私たちは、検索して、それっぽい情報を得て、自分の中で
 「○○は××だ」という前提知識(判断)をつける。
 ただ、これは本当かどうかは分からない。
 誤った情報を得て判断すれば、
 私たちは操作された情報にまんまと乗ることになる。

 しかし、私たちは
 何が本当で、何が嘘か
 そんなことはどうでもいい
 用は、自分が検索して得た情報で「満足」すること。

 
利己的。


 この世の中は、複雑にいろんな事が絡み合っていて
 何が良くて何が悪いのか、一概にいえない


好きな内容が、以下。

 世の中は情報で動いていると勘違いしがち。
 人間は情報ではできていない。
 いくら情報をかき集めたところで、その人はできあがらない。

 人間は、血や筋肉や骨でできているのよ


そのことを忘れたら、
この現実も、現実感のない架空の出来事になってしまう。

デジタル化がすすんで利便性は増した
が、私はそこに潜む、大きな穴
いつの間にか見えなくなった大切なこと、が
あるような気がしてならない。
別窓 | 趣味 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<落書御免 | Everything's gonna be fine! | アップデート>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| Everything's gonna be fine! |