熱意とか向上心とか、あたしから取ってしまったら きっと何も残らない。
永遠の・・・
2013-08-17 Sat 23:24
テレビつけたらうどん食べてて
それ見てたら無性に食べたくなって
こんな時間だけど食べちゃった。

どうもこんばんは、けろ子です。

ちょっとさかのぼって、8月上旬の話。
8月上旬にね、「永遠の0」っていう本を読んだんですけど
思ったよりも重たい話で
読んでいて何度も、胸が詰まったり
目頭が熱くなったりしました。

夏っぽい話ですが、冬に映画化されるみたいです。

この話は、フィクションですが
時代背景は、現実を元に書かれています。

けろ子は
自分がこうやって生きているのも
激しい現実を生き抜いた方々がいるおかげなんだ、と
今の平和は、戦った人々の上に成り立っているんだということを
意識するようになりました。

今の日本は、この国の今後を祈って亡くなっていった人たちの
想いを無下にしていないだろうか。




ちょっと、気になったことがあります。
この夏、ジブリが製作し世に送り出した「風立ちぬ」
この映画に対して「喫煙シーンが多い」とクレームを付けた人たちがいるとききました。

あと、「はだしのゲン」という漫画の中の描写が残酷だからといって
図書室に置かなくなった所があると聞きました。


両方とも、けろ子は見たり読んだりしたことはありませんが

これらの行為に対して
「なんかそれちがうんじゃないの?」

と思わざるを得ません。

だから何?そこ大切なの?
作品の本当の意図を履き間違えているんじゃない?

大人の勝手な事情や
くだらない理由をつけて作品を葬り去った結果
本当に大切なことを見失ってしまう。

また、危ない物を見ないで育って来た人は
想像力を働かせることができるだろうか。
痛みを知らない人は
人に残酷なことを平気で言ったりしないだろうか。
都合の悪い物を見せないようにする大人の姿を見て
悪いことや失敗を隠す人が増えたりはしないだろうか。
人を欺いたりはしないだろうか。


そんな世の中は、嫌だ。


どうか

どうかみんなで、良い国を作っていけますように。




そんなことを思いました。
別窓 | こころのなか | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<続きが気になって止まらない | Everything's gonna be fine! | REM>>
この記事のコメント
お久しぶりです
ちょいちょいのコメント失礼します
全くどう意見です。この国を担う子供たちに間違った観念を持たせないように頑張りたいものです
2013-08-18 Sun 00:14 | URL | 匿名希望 #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは。コメントありがとうございます。

「この世の中、まだ捨てたもんじゃない」と思うときと
「もう、どーしようもない世の中だな」と思うときがあります。
・・・希望を捨てたら終わりですね。
大人も、もっとしっかりとした信念と愛情と行動をもって
生きて行かなくてはいけないですね。
2013-08-19 Mon 20:18 | URL | けろ子 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| Everything's gonna be fine! |